チェロキーサンセットなの?

昨日まで仕事だったので今日からGW突入です。
ハナミズキのチェロキーサンセットを昨年10月末に植えて、1つ持っていた硬そうな花芽がようやく咲きました。
1_20150503180007cba.jpg
しかし、ちょっと待てよ!チェロキーサンセットは、赤花。実際、咲いているのは白花。しかも、小さすぎ。どう言う事なんだ?
単純にチェロキーサンセットだと思って購入したのだが、問屋側で間違えたか?それとも、だまされたのか?
もしかしたら、白花で斑入りの葉を持っているディブレイクやレインボーなのか?
それとも、紫陽花の様に土壌の成分で色が変わるのか?何て、ハナミズキで聞いた事無いし。
2_20150503182136654.jpg
3_20150503182150f5b.jpg
いずれにせよ、葉が未だにこの様な状態だと何とも判断しかねるので、葉が出るか解りませんが、根気よく葉が出るまで待つ事にします。
6_20150503182544fa3.jpg
ハナミズキの根本に植え過ぎてしまったせいか?

おまけ
ようやく花壇にも初夏が訪れたと言うのか、昆虫たちが出て来ました。
7_20150503183146cdb.jpg
ダンダラテントウ虫。ノウゼンカズラの葉にとまっています。
8_20150503183749416.jpg
ニジュウヤホシテントウ虫。バンマツリの新芽にとまっています。
てんとう虫も肉食系と草食系がいるそうですが、どちらでも良い事にします。
10_20150503184422c1a.jpg
チャバネアオカメムシ。メグスリの木にとまっています。
9_20150503184647bd0.jpg
ツマグロオオヨコバイ。小さい時は、セミモドキって、言った様な・・・。姫シャラの木にとまっています。
花壇で昆虫たちが出てくると小さい花壇でも昆虫たちの世界があると思うと嬉しくなります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント